思いもよらぬ結果

2015/06/06
フィラリアの時の健康診断で光四郎が再検査通告❗️
健康診断の少し前から、痛いよ~のシャチホコポーズなどあり、検査結果を待っていた所でした。
ですが結果は、お腹などの痛みではなく、腎不全…
本日絶食の上再検査に行って来ました。

結果は同じ腎不全…

奈々がパテラと診断された時に、先生から生肉を勧められました。
それ以来一食は、生肉や野菜をトッピングした手作り食にしてました。
栄養管理士の資格があるわけでなく、見たり聞いたりしての、言わばアバウトな食事です。
頭の中にはすぐにその事が巡りました。
食べ物の影響は多少あるかもしれないけれど、ほとんどが加齢によるものだと言う事でした。

こういう結果が出た時点で、腎臓の役7割が機能低下しているのだそうです。
残りの3割を如何に大事に生活するかで余命は変わってくるとの事。

通常で一年…

その時点で何を言われてるのか、頭が理解不能になりました。
今まで大きな病気一つしないで12歳まで来たので余命?…

これから出来ること…投薬(血管拡張剤)
フード…腎臓病サポートに変える
点滴…皮下点滴を週に1.2回

1日でも長く一緒にいられるように、頑張ります。
幸いにも、まだ尿には異常は見られず、腎臓も左側が僅かに小さくなっていて、左側は表面が少しブツブツとしたものがある程度だと言う事でしたし、元気そのものはいつもと変わらないのが救いです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

けいさん、こんにちは。
ルビーのブログにコメントありがとうございました。
本日再度いただいたコメントで、こちらのブログと繋がりました。

光四郎君、我が家のルビーと同年代で、先日この記事を読んだとき、
とても気になっていたんです。
調べてみると、慢性腎不全という病気は、ゆっくりと進行していくらしいですね。
検査結果でわかるまでは気づかないくらい症状も出てなくて。。
まだ症状がでていないということは、食事療法などでも症状を遅らせることができるのだと思います。

http://dog-health-jp.com/dog-kidney-failure.html
を参考に読んでみると、手作り食に欠かせない「オメガ3脂肪酸」は、
腎不全の犬に大幅に長生きする効果があると書かれていました。
亜麻仁油などのオイルです。
他にもいろいろ書かれていますので役だててくださいね。

まだまだ元気でそばにいてもらわなくっちゃ!
お互いに愛犬の笑顔が見れるように頑張りましょうね。^^

ルビーまま様

わざわざブログにまでコメントをありがとうございました。
腎不全に関する記事も読みました。
手作り食の時は亜麻仁油も使ってました。
今回はお肉がダメということで、腎臓食にいままで食べていた、かぼちゃやさつまいも、ブロッコリースプライトなどをトッピングしてあげています。
大好きだったパンも塩分があるのでダメと言われたので、塩なしパンを焼いています。
いつももらっていたものが貰えないとストレスを感じてしまうかな~て思って、与えられるように工夫しています。

最初はショックが大きかったのですが、少しずつ前向きに考えるようにしています。
ありがとうございました。