スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光四郎のこと

2011/06/03
シャチホコ

白馬の旅行から帰った二日後
光四郎がこのように「伸び?」のポーズを一日に何回もなが~くやっていました
「旅行の疲れかなぁ?」と思っていました

何年か前からこのようなことが年に数回ありました
でも、いつも半日か一日で治ってしまい「何だったんだろう?」で終わっていました
今回は、このポーズに咥え下痢が伴ったので病院に行ってみました
血液検査の結果「LIP 膵酵素値 289」と高く「膵炎」の疑い有りと診断
翌日に12時間の絶食の後再検査となりました

「膵炎」ってどんな病気なんだろう? どんな症状なんだろう?
って、帰ってからネットで検索すると、あの伸びのポーズは腹痛の為にする行為だとか
そのポーズに下痢・・・症状があてはまってしまいました
そして行き当たったサイトが、急性膵炎で入院して三日で亡くなってしまったワンちゃんのサイトでした
衝撃を受けました
調べれば調べるほど落ち込むことばかりでした
もう調べるのはやめて、先生の指示に従おうと思いました

光四郎は、下痢止め痛み止めの注射と飲み薬で症状はすぐに治まり
二日後には伸びのポーズもせず元気にしてました
自分の時もそうだけど、検査の結果が出るまでって不安で仕方がありませんよね
四日後検査の結果が出ました
「膵炎」の疑いははれました
ただの大腸炎と診断!
もう嬉しくて光しゃんをギューーーって抱きしめてしまいました

不安でいる間は、なかなか光ちゃんに笑顔が向けられなかった
こんなんじゃこれから先、高齢になるといろいろな病気と向き合わなければいけないのに
「そん時はどうするんだ?私!」
どんな診断が出ても、しっかり光ちゃんの方を向いて向き合えるようにならなくちゃいけないなーって思った出来事でした



 
スポンサーサイト

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。